自宅で過ごす機会が多くなった今、家庭用脱毛器が人気沸騰中!選ぶ際にチェックするポイントと注意点

家庭用脱毛器とは、自宅で脱毛出来る専用機器のことです。
家庭用脱毛器には、大まかに分けて光で脱毛する「フラッシュ脱毛」タイプと、レーザーによる脱毛を行う「レーザー脱毛」タイプが存在します。
脱毛器は、表面上の毛の処理を行うのではなく、光やレーザーの刺激により、毛根のメラニン色素に働きかけ、毛が生えてくるのを防ぐという仕組みです。これにより、除毛とは違い、毛が生えてきにくくなるので、ムダ毛そのものが減少し、毛根からキレイになります。

 

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

セーレムさんによる写真ACからの写真

エステサロンでよく見かけるキャッチコピーに、「永久脱毛」という言葉があります。
永久脱毛とは、永久に毛が生えてこない、というものではなく、最後の脱毛から、毛の再成立が著しく低下した状態になることを指しています。

この永久脱毛に関しては、医療機関と認定されている脱毛サロンでのみ行っていますので、残念ながら医療機関でないエステサロンや、家庭用の脱毛器では行うことが出来ません。
医療機関ではない場所で永久脱毛を行うのは、法律違反となります。

しかし、通常のカミソリなどでの除毛と比較すると、家庭用脱毛器での脱毛は、ムダ毛処理に高い効果を発揮することが可能です。

 

家庭用脱毛器の人気の理由

まつなが ひでとしさんによる写真ACからの写真

家庭用脱毛器の人気の理由は、何と言っても自宅で簡単にエステサロンのような脱毛を行えることです。

エステサロンや美容クリニックだと、予約をとったりなどのスケジュール調整や、実際にサロンに通ったりする点などが、意外と面倒になってきます。
脱毛したい!と思い立った時にいつでも行うことが出来るのは、家庭用脱毛器だけの大きな魅力です。

また、エステサロンや美容クリニックでの脱毛は、一般的に高額になってしまいます。家庭用脱毛器ですと、好きな部位に好きなだけ当てることができ、長期的に見ると非常にコストパフォーマンスが良く、人気の秘訣となっています。

目立つ箇所はエステで、細かいところは家庭用脱毛器で、などと併用したり、使い分けたりすることも出来ます。

 

正しい使い方と注意点

toyaさんによる写真ACからの写真

正しく使用しなければ、うまく脱毛出来ないだけでなく、肌トラブルを引き起こす原因ともなりますので、使用の際は十分に注意しましょう。

 

脱毛器を使用する前にキレイに毛を剃っておく

家庭用脱毛器を使用する前に、下処理として、きちんと毛を剃っておきましょう。これはエステで脱毛をする際も行う作業です。

脱毛器は、1mm程度の毛に対して最も効果を発揮しますので、脱毛の前日あたりにムダ毛処理を行うのが最適と言えるでしょう。
除毛クリームは使用せず、カミソリなどで剃るようにしましょう。

 

最初は最弱の設定で行う

フラッシュ式のタイプであっても、レーザー式のタイプであっても、始めは一番弱い設定で行うようにしてください。
急に肌への強い刺激を与えると、強い痛みが生じるだけでなく、刺激により赤みや傷になってしまう可能性もあります。

慣れてきたら段階を置いて徐々に照射レベルを上げていくと良いでしょう。
脱毛は短期間で効果を発揮するものではありませんので、気長に行っていくという心がけが大切です。

 

使用回数と期間は正しく守る

家庭用脱毛器はどんな人でも使用できるように、安全面に十分配慮をしてありますが、使用回数や期間を守らなければ、炎症や火傷を起こすなど、かえって深刻な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

効果を焦って使用回数を増やしたり、十分な期間を開けなかった場合、肌トラブルの原因となり、危険です。
家庭用脱毛器は専門家による施術とは違いますので、説明書の用法よく読んで、きちんと守るようにして下さい。

 

保湿をきちんと行う

家庭用脱毛器を使用したあとは、お肌が乾燥し、熱を持っている状態なので、照射部位をしっかりとクールダウンをするようにしましょう。

使用後は保冷剤を使用して脱毛器を当てた箇所を冷やした上で、化粧水や乳液できちんと保湿をします。保湿を怠ると乾燥による肌荒れを引き起こしますので、注意しましょう。

また、家庭用脱毛器の中には強い光を発するため、サングラスの使用が推奨されているものがあります。そのような場合は、きちんとサングラスを着用してから使用するようにしましょう。
視力の低下や、最悪の場合失明の原因となる恐れもあります。

 

ホクロ、ニキビ、かさぶたなどには照射しないようにする

家庭用脱毛器はエステサロンで使用されているものなどと比べると出力が低いですが、医療脱毛やエステの脱毛と同様、黒い色素に反応します。

照射したい部位にホクロやニキビ、傷によるかさぶたなどがある場合は、そのままにしておくと肌を傷める原因となるので、絆創膏などを貼ってカバーしてから使用するようにしましょう。

 

脱毛方法の違い

acworksさんによる写真ACからの写真

家庭用脱毛器には、光による「フラッシュ式脱毛」のタイプと、レーザーによる脱毛を行う「レーザー式脱毛」のタイプが存在します。
二つの脱毛はどのような差があるのか、見ていきいましょう。

 

フラッシュ式タイプの特徴

光によるフラッシュ式の家庭用脱毛器は、光によって毛根のメラニン色素に刺激を与えることで、毛根を破壊し、脱毛していきます。

医療系ではないエステサロンなどでも行われている方式ですが、エステサロンなどのものよりは、基本的には効果は控えめです。
即効性はありませんが、痛みが少なく、家庭用脱毛器の初心者の方にも安心して使用いただけます。

広範囲に機械を当てられるのも大きな特徴で、処理時間が短くて済むのがメリットです。

 

レーザー式タイプの特徴

レーザー式の家庭用脱毛器は、レーザーを照射することで、毛乳頭という、毛を育てている部位にダメージを与え、脱毛していく仕組みの商品です。

レーザー脱毛といえば医療用脱毛の代表ですが、家庭用脱毛器のものは安全性などの観点から、医療用レーザーより出力は下げられています。

フラッシュ式のものより高い効果が期待できますが、痛みが強めで、濃く太いムダ毛を処理する際には特に痛く感じてしまうというデメリットがあります。

効果範囲が狭いので、広い範囲の脱毛には時間がかかります。
しかしその分脱毛効果は非常に高く、フラッシュ式ではなかなか効果の出にくい部位にも強力に作用します。

 

脱毛器の選び方のポイント

家庭用脱毛器を選ぶ際に、タイプや価格の他に注目しておくポイントをご紹介いたします。

 

照射面積の広さ

脱毛器の照射面積が大きいほど、一度の照射で広い範囲をカバーできますので、脱毛時間の短縮に繋がります。

照射面積の狭い脱毛器だと、同じ場所に何度も照射しなければならないので、想像以上にストレスです。
特にボディ全体をケアしたいと考えている方には、照射面積が広いことは重要なポイントです。

 

出力レベルの調節機能

脱毛器には、出力のレベルが調整できるタイプの製品があります。

出力レベルを調節出来るタイプだと、痛みを感じやすい部位には弱い出力で、逆にしっかり脱毛したい部位には強い出力で、など使い分けが出来て便利です。
また、弱い出力で試し、大丈夫なら出力を上げていくという調整も出来るのでおすすめです。

 

カートリッジ式か使い捨てタイプかの違い

家庭用脱毛器には、基本的に使用回数が存在します。

カートリッジ式のタイプですと、交換用のカートリッジを購入して繰り返し使用できますが、使い切りタイプの場合は本体ごとの買い替えが必要となってしまいます。
長い目で見てどちらがお得かなど、きちんと計画して購入するようにしましょう。

 

使用できない部位を確認

家庭用脱毛器には、商品ごとに使用できる部位が決まっています。
特に顔周辺やデリケートゾーンになると、使用できる機器が限られていますので注意しましょう。

対応していない機種を無理に使用すると、お肌のトラブルの原因となりますので、注意が必要です。

 

出典:https://www.buyking.club/column/111443

You may also like

3件のコメント

  1. このご時世、サロンやクリニックにはなるべく行きたくない人多いから、家庭用脱毛器は売れるかもね!

  2. どこにも行けないとなると脱毛する気もなくなる(^^;
    あ、いい機会だからこの間に脱毛しときゃいいのか。

siro へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。